オーダーメイド枕,マットレス,枕 オーダーメイド,ベッドマットレス,大阪,肩こり 枕,腰痛 マットレス,専門店
オーダーメイド枕,枕 オーダーメイド,枕 オーダー,オーダー枕オーダーメイド枕,枕 オーダーメイド,枕 オーダー,オーダー枕
ベッドマットレス,マットレス,ベッド,マットレス オーダーメイドベッドマットレス,マットレス,ベッド,マットレス オーダーメイド
オーダーメイド枕 作成者,ベッドマットレス 作成者オーダーメイド枕 作成者,ベッドマットレス 作成者
オーダーメイド枕 測定,ベッドマットレス 測定,枕 オーダーメイド 測定,マットレス 測定オーダーメイド枕 測定,ベッドマットレス 測定,枕 オーダーメイド 測定,マットレス 測定
オーダーメイド枕,ベッドマットレス,専門店,睡眠改善オーダーメイド枕,ベッドマットレス,専門店,睡眠改善
マットレス|腰や手足のしびれ対策

マットレス|腰や手足のしびれ対策

maltutoresu-sibire
マットレスで腰や手足のしびれ対策をする!
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターが解説します。

2018.3.10のBloggerでのブログを
一部加筆訂正したものとなります。

この他肩こり対策のオーダーメイド枕や
腰痛対策のマットレス関連ブログにつきましては
以下のリンクをご覧下さい。
睡眠改善研究室 ブログ
 
またより詳しく、マットレスの関連ページとしては
こちらをご覧下さい。
腰痛対策マットレスの選び方
 

マットレスで対策|腰や手足のしびれ


マットレスで腰や手足のしびれ対策
マットレスでの腰や手足のしびれ対策
マットレスで腰や手足のシビレを、少しでも楽にするには?
睡眠改善研究室の姿勢ドクターが解説していきます。

腰や手足のシビレが出ている場合、椎間板(軟骨)が変性し組織の一部が飛び出し、その飛び出した一部が神経を圧迫し腰や手足のシビレへと繋がっている可能性もあります。
いわいる椎間板ヘルニアなどの症状がそうですが、基本的には一度医療機関へ行く事をおすすめします。
大阪 睡眠改善研究室では、済生会泉尾病院との連携により「頸椎MRI」検査をご紹介しておりますので、ご興味ある方は一度お問い合わせ頂ければと思います。

さてそんな椎間板ヘルニアを含め、腰や手足のしびれ対策へのマットレスとして、どのような物を選べばいいのか?という話ですが
先に結論を申し上げますと、「○○マットレス」と言う様な商品名は、腰や手足のしびれ対策マットレスの場合ありません。

というのも腰や手足のしびれ対策の場合、基本的に神経付近に圧力が掛かっている事が考えられますので、それら 圧力負担をいかに軽減できるかが腰や手足のしびれ対策のマットレスとして重要になります。そしてそのためには、姿勢・身体形状を測定し負担をかけないような「睡眠姿勢」を保つ事が何より大切になります。

基本的には「ヘルニア対策マットレスと同じに理屈」になりますので、ご興味ある方は合わせて御覧ください。
【参考】
マットレス|ヘルニアへの対策

詳細は以下に続きますが、項目別にお話させていただきます。

マットレスが原因で起きる、腰や手足のしびれ


マットレスが原因で起きる腰や手足のしびれ
マットレスによる腰や手足のしびれ
マットレスが原因で起きる、手足のしびれとして代表的なものが、睡眠姿勢の不良により(睡眠姿勢が崩れて悪くなり)圧力負担が偏り起きている事が考えられます。
 
当然これだけではありませんが、マットレスが原因とする腰や手足のしびれ対策の場合、極論「睡眠姿勢さえ負担少なく安定」させる事ができるなら、マットレスが原因の腰や手足のしびれはほとんど起きにくくなるのも現実です。(あくまで極論になりますが、それ位に睡眠姿勢を整える事は大切です。)
 
脊髄など神経は圧力にものすごくデリケートで、少しでも神経に圧力がかかるとしびれや痛みなどの症状として現れます。マットレスが原因と考えられる腰や手足のしびれの場合、睡眠中に過度に圧力が偏りそれらの箇所を中心に圧力がかかり、圧力負担からしびれに繋がる事がほとんどですので、まずその圧力負担の軽減が腰や手足のしびれ対策では真っ先に求められる要素となります。
 
そしてマットレスによる圧力負担の軽減を考えた場合、主に「睡眠姿勢からくるもの」・「体重圧力の偏りからくるもの」の2点があげられます。
 
ただ、この2点は密接に関係しており、どちらかだけが良ければ良い、という事はありません。
詳細は3を御覧ください。

低、高反発マットレスは良くない!


低・高反発マットレスは良くない!
素材はマットレスの良し悪しでは無い
低・高反発マットレスは良くない!!と書きましたが、 腰や手足のしびれ対策を考えた場合「高反発」であろうと「低反発」であろうとあまり良いとは言えません

 

というのも「低・高反発」はあくまで素材の反発係数の違いであり、そもそも「低・高反発だから身体に良い!」というのはなかなか無茶苦茶(むちゃくちゃ)な話です。

 

低・高反発の主な特徴ですが

 

【低反発】
反発係数が低い。跳ね返す力が低いため、沈み込みが強く感触的には柔らかくなる。
しかし同時に反発係数が低いため、沈み込みが強く
沈み込んだまま止まってしまうので、睡眠姿勢は崩れやすい。
 
【高反発】
反発係数が高い。跳ね返す力が強いため、沈み込みが少なく感触的には硬くなる。
しかし同時に反発係数が高いため、沈み込みが少なく
身体の出っ張りの強いところのみで支えが効き過ぎるため、結果的にブリッジした状態になりやすく、睡眠姿勢は崩れやすい。
 
元々、 痛みやしびれ等の悩みがなく、寝ていて問題ない方には良い素材と言えますが、このページのように腰や手足のしびれなど問題解決・対策マットレスとしては、根本的な解消に繋がらず良くありません

結局は、いかに身体への圧力を軽減できるかにかかる


マットレスはいかに身体への負担が軽減されるかにつきる
マットレスは負担軽減の為に測定が大切
ではどの様なマットレスが、腰や手足のしびれ対策のマットレスとして理想的かと言うと、結局はいかに身体への圧力負担を軽減できるかに、ほぼ全てがかかってきます。
 
そして圧力負担の軽減を考えた場合、「睡眠姿勢」と「体重圧力」の2点が主な要因となります。
 
ただこの2点は、とても密接に関係しており「睡眠姿勢」さえ負担少なく安定するのであれば「体重圧力」も自然と分散されている場合がほとんどです。
 
逆に「体重圧力」のみ分散しようとすると、極論、柔らかいもので寝れば「体重圧力」は分散される傾向にありますが、「睡眠姿勢」は崩れやすくなり、結果として痛みの緩和や、腰や手足のしびれ対策にはならないのが現状です。
 
上記2点は大切ですが、「睡眠姿勢」が負担少なく安定させる事が結果的に体重圧力の軽減にも繋がるので、まず念頭にいれるのは「睡眠姿勢の安定」と言える事ができます。
 
文章で書くとややこしいですが、睡眠改善研究室では実際にそれらを測定しデータ化する事ができますので、ご興味ある方はお申し付け下さい。
 
とにかく、身体への圧力負担の軽減を考えると「睡眠姿勢」の安定が欠かせないと言う事です。
 
実際に「睡眠姿勢」の安定を考えると、個人差がものすごくあるので
全身測定をする事が現状、最も理想的と言えます。
 
「有名ブランドの○○マットレスが良い!!」
「高価なマットレスが良い!!」
という事は無く、結局はその方の姿勢・身体形状に合わせたマットレスが「睡眠姿勢」が安定しやすく良い!という事が言えます


マットレスの測定時の注意点


また、この測定時の注意点ですが、きちんとした姿勢知識や資格をお持ちの方をお探し下さい。近年、マットレス(オーダーメイドを含む)の買い替えが増えております。
 
測定をして作ったと言われるオーダーメイドのマットレスからの買い替えも多く、原因は測定設備や技術力の不備によるものがほとんどです。
 
特に腰やしびれ等の対策マットレスの場合には、寝具関連の知識よりも姿勢・身体知識等のほうが重要になったりするので、お探しの方はそれらに着目している専門店をおすすめします。

マットレス|腰や手足のしびれ対策


マットレス|腰や手足のしびれ
マットレス|腰と手足のしびれ対策のまとめ
マットレスで腰や手足のしびれ対策を考えると、睡眠中での身体への負担軽減が求められ、結果的に「睡眠姿勢の安定」が最も重要になってきます。
 
腰痛・ヘルニア対策のマットレスと基本的な理屈は同じですが、いかに身体へ負担をかけないか?軽減させるかを突き詰めると現状では、その方の身体に合うように「睡眠中の姿勢」を負担少なく整える事が求められます。
 
将来的に、ものすごい革新的な発明がされ、マットレスそのものの概念が覆れば別ですが、現状では腰や手足のしびれ、また痛み等に対し睡眠姿勢を安定させることが最も効果的で一番の近道であったりします
 
逆に言えば、そんな夢の革新が無い限り「睡眠姿勢」への影響を考えなくてはいけないという事です。
 
そしてマットレスで腰や手足のしびれ対策を考えた場合
(大切なので繰り返しますが)「睡眠姿勢」を安定させる為に全身の測定をし、きちんと身体への圧力軽減を考える必要があるのです。
 
腰や手足のしびれはすぐに良くならず、改善には日にちがかかります。
マットレスでの対策は毎日、確実に使うものになりますので、負担が軽減される「睡眠姿勢」で睡眠を取ることは、結果的に腰や手足のしびれ対策に繋がりやすくなりますので、マットレスでの対策は大切ですね。

マットレスで腰痛対策



腰痛対策 専用マットレス

腰痛対策専用のマットレスについて
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターが
ご説明します。腰痛で
マットレスを探している方は
こちらをご覧下さい。

腰痛対策マットレス>>

マットレスのオーダーメイド
大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室

オーダーメイドマットレスについて

・よく一緒に見られているページ


オーダーメイド枕 分割無料
【1日100円で、オーダー枕を購入!】>>
腰痛 専用マットレス 分割無料
【腰痛対策マットレスをオーダーメイド】>>
 
オーダーメイド枕とマットレスの専門店|睡眠改善研究室ロゴ

 
〒551-0031
大阪府 大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-13-3

店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-3349-6054

【無料駐車場】
〒551-0031 大阪府
大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-13-17
 「B」 にお停め下さい

 
11時~19時(最終受付 18時30分)
毎週 水曜日 定休日
アクセス詳細>>

※入力情報はSSL暗号化通信により、  暗号化され守られております。  
ご入力等が面倒な場合は 
 
店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-3349-6054
 
大阪・神戸・京都等、大阪近隣で
オーダーメイド枕マットレスを
ご検討中の方や、ご相談の方は
何でもお気軽にお尋ね下さい。
 
ご入力送信後
当店からの返信が無い場合
システムエラーが考えられるので
お手数をお掛け致しますが
ご一報頂けると幸いです。
 
 (*)新型コロナ対策の一環で
   一部制限を設けての営業再開と
   なっております。