オーダーメイド枕やマットレスで、腰痛・肩こり・不眠症対策|睡眠改善研究室

マットレスの選び方

大阪 睡眠改善研究室
姿勢ドクターが解説

maltutoresu-erabikata-siseiDr
マットレスの選び方を大阪 睡眠改善研究室の
姿勢ドクターが解説します。

2018.1.22のBloggerでのブログを
一部加筆変更したものとなります。

この他肩こり対策のオーダーメイド枕や
マットレス関連ブログにつきましては
以下のリンクをご覧下さい。
睡眠改善研究室 ブログ
 
マットレスの選び方関連ページとしては
こちらもご覧下さい。
腰痛対策マットレスの選び方
 

マットレスの選び方|姿勢ドクターが解説


マットレスの選び方を姿勢ドクターが解説
マットレス選び方|スマホ

マットレス選びに迷っている方で一番の心配は、突き詰めるとどのマットレスを購入すれば、「身体に合うのか?」という事だと思います。

そして、実はここで注意点なのですが
「身体に合う」という表現を使いましたが、前提条件が違えば身体に合うマットレスも異なります。というのも(大まかに分けて)、腰痛や肩こりなど痛みのある方と痛みの無い方では、「身体に合う」と表現は同じでもマットレスに求める性能は変わってきます。

なぜ痛みのある無しで、マットレスに求める条件が変わってくるのか?というと、腰痛など痛みのある方の場合「睡眠姿勢の安定」こそが大切になり、睡眠姿勢が負担少なく安定するマットレスであれば「身体に合うマットレス」になります。

逆に腰痛や肩こりなど痛みの無い方の場合、お好みの寝心地に合うマットレスが「身体に合うマットレス」になります。

一般的には、寝心地が良いマットレスと言うと「身体に合うマットレス」と思われていますが、腰痛や痛みのある無しでは少し異なります。

今回は、知ってそうで知らなかったマットレス選びについて、姿勢ドクターが解説していきます。

①マットレスの選び方は、腰痛など痛みのある無しで異なる
②低・高反発など、素材で選んではダメ
③身体に合うマットレスは、まず身体を調べる必要がある
④マットレスの選び方|まとめ

マットレスの選び方は
腰痛など痛みのある無しで異なる


マットレス選びは、腰痛の有無で変わる
マットレス選びの前提に、腰痛の有無が関係する

マットレスの選び方は、まず最初に腰痛や肩こりなど身体の痛みの有無で大きく異なります。
 
腰痛・肩こりなど痛みのある場合では、痛みの改善緩和対策が真っ先に必要になります。そしてその対処の為に、身体にいかに負担をかけないかを考える必要があり、好みの感触や素材(低・高反発など)等のカタログスペックは二の次になります。
 
逆に、腰痛や肩こりなど痛みの無い方の場合ですと、好みの感触や素材等のマットレス選びで全く問題はありません。
 

マットレレスの「試し寝」について


 
よくマットレスは「試し寝」して買わないとダメ!!という表現を見かけますが、実際問題、腰痛や肩こりの方が痛みの改善緩和を目指しマットレスを購入しようとする場合には、「試し寝」ではあまり役に立ちません
 
というのも「試し寝」で分かるのは、感触や素材の良し悪し、寝心地等になり、好みにものすごく左右されやすく、また今お使いのマットレスの寝心地にものすごく左右されやすいのです。(その中でも多いのが、今使っているマットレスがダメに感じている方は、真逆の寝心地を選びやすい傾向にあります。例えば硬いマットレスであれば柔らか目を、柔らかければ硬めをなど)
 
では、どうすればいいのか?
 
腰痛や肩こりなど、痛みの無い方の場合ですと「試し寝」で選んでも問題はありませんが、痛みの改善緩和を考えてマットレスをお探しの方では、いかに身体に負担をかけないかを考える必要があります。
 
 
身体への負担軽減を具体的に言うと、「睡眠姿勢の安定」に尽きます。
 
極論、睡眠姿勢さえ負担少なく安定するのであれば、痛みの改善サポートになり「身体に合うマットレス」になります。
 
逆に睡眠姿勢が崩れると、身体への負担増になり、どんなに寝心地や感触が好みに合っても、腰痛や肩こりの改善サポートにはほとんど繋がりません。

低・高反発などの素材でマットレスを選んではダメ


腰痛の場合、高反発マットレスを選んではダメ
マットレス選びに、低・高反発は関係ない

 
腰痛や肩こりの方では、低反発や高反発など素材中心のマットレス選びでは、傷みの改善サポートに繋がりにくくなります。
 
理由は、低・高反発(硬い・柔らかいなど感触や寝心地中心)の選び方にいえることですが、「睡眠姿勢」への配慮が欠けているため
腰痛や肩こりなど痛みのある方が、素材でマットレスを選ぶと失敗しやすいのです。
 
詳しくは、以下のリンクページに書いてありますが、一言で言うと低反発にしろ高反発にしろ、反発係数が一律で身体にかかると、体重圧の偏る箇所・偏らない箇所がうまれ、結果的に「睡眠姿勢」が崩れてしまうからなんです。
 
睡眠姿勢は個人個人異なり、「この素材を使えば腰痛に良い」という夢の素材はまだ発明されておらず、結局、負担を少なくするために「睡眠姿勢を負担少なく安定」させる事が重要になるのですが、低・高反発等では、負担の偏りが生まれやすく腰痛や肩こりの方には良くありません。
 
一昔前まででは、腰痛には硬い(高反発の様な素材)マットレスが良いと言われていましたが、近年の寝具研究では硬くてもダメという事がわかって来ました。
 
では柔らかければいいのか?というと、そうでなく「睡眠姿勢」への配慮が大切だと言うことです。
(*)大切なので何度も繰り返していますが、身体に合うマットレスと言うと、いかに睡眠姿勢が負担少なく安定するかにほぼ懸かってきます。
 
【参考】
高反発マットレスが腰痛にダメな理由

身体に合うマットレスは
まず身体を測定する必要がある


医療機関にもある測定機
身体全身を測定

身体に合うマットレスとは?

 
結局は「睡眠姿勢」が負担少なく安定するかどうかという事です。
ですので先のマットレスの「試し寝」や「低・高反発」などの素材差があまり関係ないというのも、睡眠姿勢中心の選び方で無いからだけです。
 
極論、「睡眠姿勢さえ負担が少なく安定」するのであれば、好みの感触や素材でなくても、身体への負担は軽減され結果的に
腰痛や肩こりは楽になる傾向にあります。
 
 
ではその睡眠姿勢が安定するマットレスとは?となりますが、これは姿勢・身体形状に個人差がある為、全身を測定する事が手っ取り早く、また確実です。
 
逆に 測定せずにマットレスを購入するというのは、(腰痛・肩こりで改善を考えてる方の場合)糖尿病でお悩みの方が、栄養成分表示を確認せずにお好みの味で食事を摂るようなものです。例えば甘辛いのが好きといって、好みに合う味付けのものを食べても、悪影響です。好みに合うと、身体に合うというのでは少し乖離があります。
 
マットレスもこれと同じなのですが、マットレスには栄養成分表示などがないので、結局は測定しないといけません。
 
またこの測定ですが、 決して1種類(一方向から)の測定ではダメです。国内に流通している測定機の多くは「立って測る」測定機がほとんどですが、立位姿勢と臥位(寝てる)姿勢では大きく異なります。
 
また測定者もキチンとした姿勢・身体知識をお持ちの方をお探し下さい。ここで大きく品質差が生まれます。
 
(*)品質差については、以下に詳しく記載があります。オーダーメイド枕中心の注意点で書いてありますが、基本的な理屈は同じです。
【参考】
手前味噌にはなりますが、睡眠改善研究室で「姿勢ドクター」が「医療機関にもある測定機」等を応用して測定するのもこの為で、細かく色々な面から測定をし、身体への負担の少ないマットレスや枕にする為です。
 
測定者や測定設備で、品質差は大きくなりますで腰痛や肩こりなど身体の痛みのある方はご注意下さい。逆に痛みの無い方や購入目的が明確で無い方の場合、測定してまで購入する必要はありません。

マットレスの選び方|まとめ


マットレス選び方|まとめ
マットレス選び|スマホまとめ

上記マットレスの選び方をまとめると
 

1.まず腰痛や肩こりなどがあるか無いかで、必要な条件が変わる
2.痛みのある方の場合では、それらの改善緩和サポートが大切になる
3.改善緩和の為には「睡眠姿勢の安定」が必要になる
4.「睡眠姿勢の安定」の為には、低・高反発など
  素材や感触は二の次で、姿勢・身体形状の測定が重要
5.測定の際、専門性の高い測定者・設備の充実が必須
6.それらがキチンと揃う条件でのマットレス選びが
  結果的に「睡眠姿勢の安定」に繋がり
  身体に合うマットレス選びになる

 
という風にまとめられます。
 
各項目の詳細については掘り下げてあまり説明が出来ていませんが、疑問点等ある方はお気軽にお尋ね下さい。
 
このページを見て、マットレス選びとは「睡眠姿勢」への配慮が重要だと感じてくれれば、マットレス選びをまとめた意味があったのではないかと思います。

マットレスで腰痛対策



腰痛対策 専用マットレス

腰痛対策専用のマットレスについて
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターが
ご説明します。腰痛で
マットレスを探している方は
こちらをご覧下さい。

腰痛対策マットレス>>

オーダーメイドマットレス
大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室

オーダーメイドマットレスについて

・よく一緒に見られているページ


オーダーメイド枕 分割無料
【1日たったの100円で、オーダー枕を購入!】>>
腰痛 専用マットレス 分割無料
【月々、5,000円で、腰痛対策のマットレスをオーダーメイド】>>
 
オーダーメイド枕とマットレスの専門店|睡眠改善研究室ロゴ

 
〒551-0031
大阪府 大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-13-3

店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-6927-7408

【無料駐車場】
〒551-0031 大阪府
大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-18-19

 
11時~19時(最終受付 18時30分)
毎週 水曜日 定休日
アクセス詳細>>

ご入力等が面倒な場合は 
 
店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-6927-7408
 
大阪・神戸・京都等、大阪近隣で
オーダーメイド枕マットレスを
ご検討中の方や、ご相談の方は
何でもお気軽にお尋ね下さい。
 
ご入力送信後
当店からの返信が無い場合
システムエラーが考えられるので
お手数をお掛け致しますが
ご一報頂けると幸いです。

※入力情報はSSL暗号化通信により
 暗号化され守られております。

オーダーメイド枕やマットレスの専門店 大阪 睡眠改善研究室【予約特典】
オーダーメイド枕が月々3000円


腰痛 専用マットレスのオーダーメイドが、月々5,000円


腰痛対策マットレスの選び方へ移動


肩こり横向き寝対策のオーダーメイド枕


オーダーメイド枕やマットレスを大阪 睡眠改善研究室では【姿勢ドクター】が作ります


大阪 睡眠改善研究室のオーダーメイド枕


オーダー枕 大阪 睡眠改善研究室 3つの注意点


大阪 睡眠改善研究室のオーダーメイド枕の専門性


オーダーメイド枕の選び方 大阪 睡眠改善研究室


失敗しないオーダーメイド枕の選び方


オーダーメイドマットレスの有用性について 大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室


腰痛対策 専用マットレス