オーダーメイド枕やマットレスで、腰痛・肩こり・不眠症対策|睡眠改善研究室
オーダーメイド枕とマットレスのオーダーメイド専門店|睡眠改善研究室

ベッドマットレスを大阪で探すなら

ベッドマットレスの専門店|睡眠改善研究室
ベッドマットレスを大阪で探すなら
姿勢Drが身体への負担を軽減させる為に専任で作成する
睡眠改善研究室へお任せください。

この他肩こり対策のオーダーメイド枕や
腰痛対策のマットレス関連ブログにつきましては
以下のリンクをご覧下さい。
睡眠改善研究室 ブログ
 
またより詳しく、マットレスの関連ページとしては
こちらをご覧下さい。
腰痛対策マットレスの選び方
 

ベッドマットレスを大阪で探すなら


ベッドマットレスを大阪で探すなら
ベッドマットレスの大阪 睡眠改善研究室

ベッドマットレスをお探しなら、姿勢ドクターが身体への負担を軽減させるために作成するベッドマットレスの専門店、大阪 睡眠改善研究室へお任せ下さい。
 
特に肩こりや腰痛対策にベッドマットレスをお探しの場合、大切になってくるのが【睡眠姿勢】への影響です。
大阪 睡眠改善研究室では、姿勢ドクターが専任で医療機関にもある測定器を応用し、身体への負担を軽減させるように睡眠姿勢が安定するマットレスを作成し、肩こりや腰痛の対策に睡眠時間を活かします。
 
また意外に思うかもしれませんが、身体に良いベッドマットレスをお探しの場合、高・低反発や価格・ブランド等はあまり関係ありません。
 
ここではその理由と、睡眠改善研究室のベッドマットレスがなぜ身体を楽にし、肩こり・腰痛対策になるのかご紹介します。
 

①ベッドマットレスを選ぶ基準は?
②身体に合うベッドマットレス
③ベッドマットレスは、高・低反発で決まらない
④腰痛へのベッドマットレス

ベッドマットレスを選ぶ基準は?


ベッドマットレスを選ぶ基準
ベッドマットレスの基準

ベッドマットレスを選ぶ基準は、何なのか?
これは前提条件が各々異なるので、一概にコレ!とは言えませんが、腰痛や身体への負担軽減を考える方の場合は【睡眠姿勢】への配慮に尽きる!と一言でいえてしまいます。
 
まどろっこしい書き方で何やねん!となってしまいそうですが、あえて書かせて頂いたのには理由があります。というのも、わりとこの根本的な前提条件である
「何のためにベッドマットレスが必要か?」
と言う事がおざなりになりやすく、ここがぼやけてしまう為に、低・高反発とか〇〇ブランドの様に、素材やカタログスペック中心の選び方になってしまいます。
 
基本的に10人中の約6人~8人の方は、ベッドマットレスは何でも問題ありません。というかその方々は痛み少なく眠れるので、特にこだわらなくてもある程度のベッドマットレスで痛み少なく眠れます。この場合は極論、どの様なベッドマットレスでも気にせず「お好み」の物を選んでもらっても問題はありません。
 
しかし残りの約2~4人の方の場合(腰痛や肩こり・寝ていて痛い方等)は、【睡眠姿勢】への配慮を考えなければ、いくら高価な物でも、有名ブランドのベッドマットレスでも結果的には、身体を痛める原因となります。
 
ですので、ベッドマットレスを選ぶ基準としては、まず最初に
①何が目的で(腰痛や肩こり、身体の痛みの有無等)
②それらの対応にベッドマットレスを検討するかどうか
で大きく異なります。
 
(*)大阪 睡眠改善研究室でベッドマットレスをご購入して下さるお客様の90%以上は、腰痛や肩こり対策など何かしらの痛みやお悩みの対策にお探しの方がほとんどです。
ですので以下の記載は、主に腰痛や肩こり対策でベッドマットレスをお探しの方へ向けて書かせて頂きます。

身体に合うベッドマットレス


身体に合うベッドマットレス
ベッドマットレス|身体に合う

身体に合うベッドマットレスについてですが、先の腰痛や肩こり、身体への痛みのある方の場合は、睡眠姿勢への配慮が大切になります。
 
睡眠姿勢とは、文字通り睡眠中の姿勢(仰臥・側臥含め)になりますが
この睡眠姿勢が安定しているかどうかで、身体への負担が強いか弱いかがほぼ決まってしまいます。
 
逆を言えば、この睡眠姿勢さえ負担少なく安定するのであれば、高・低反発や価格・ブランドといったカタログスペックはほとんど関係無くなります。
それ位に睡眠姿勢の安定が、腰痛・肩こり・身体への痛み対策では
ベッドマットレスに求められる事になります。
 
よく家具店・寝具店さん等ではベッドマットレスは「試し寝をしなくては分かりませんよ」「試し寝で気に入ったマットレスが良いんです!」と言う様な事を聞きますが
腰痛や肩こり対策にベッドマットレスをお探しの方の場合は注意が必要です。
 
大体、2~3個ほど「試し寝」をすると、途中から硬さや柔らかさなどの感触の差ぐらいしか分からなくなり、結局どれが良いの?
となってしまいます。
 
先程も申し上げましたが、腰痛や肩こり等、身体への痛みのない方の場合、お好みのベッドマットレスでまったく問題は無いので、「試し寝」で選んで頂いてもあまり影響はありません。
しかし腰痛や肩こり、身体への痛み対策にベッドマットレスをお探しの場合は、とにかく「睡眠姿勢」への配慮が必要になります。
 
そして実際に「睡眠姿勢」を整えようとした場合、ほぼ確実に全身測定が必要になります。例えば男性でも、昔スポーツをやっていた方などによく見られるお尻の出っ張りが強い方の場合、硬い寝具だと腰辺りが浮き、結果的にブリッジ状態で眠る事になります。
こんな場合に、腰痛対策には硬いマットレス!!とやっても、腰痛を悪化させるだけで決して良い解決方法とは言えません。


ベッドマットレスは、高・低反発では決まらない


ベッドマットレスは、高、低反発で決まらない
ベッドマットレスは素材で決まらない
先の記述から続きますが
腰痛・肩こりの方は高・低反発等、素材の良否で、ベッドマットレスの良否は決まりません。何度も繰り返しますが、身体への負担を決めるのに一番大切なのは「睡眠姿勢」です。
 
「睡眠姿勢」を負担少なく整えようとした場合、高であろうと低であろうと反発力を一面に同じ力でかけると、必ず支えが効きすぎる箇所や、逆に沈み込み過ぎる箇所が生まれます。これは素材の特質上仕方ないことですが、どちらが優位という訳でも無いのです。
 
しかし市場では現在、高反発がもてはやされています。10数年前では低反発でした。(その前はウォーターベッドです。)市場の原理はあくまで売れる(数が多く出る)物がもてはやされますが、身体への負担軽減を第一に考えると、流行りの素材よりも
ご自身のお身体に対しての効果を考える方がよっぽど建設的です。
 
高反発のブームが終われば、また新しい素材が着目を浴びる事になると思いますが、腰痛や肩こり、身体への痛み軽減をお考えの方は、あまりそれらに流される必要はありません。あくまで流行っているな~、ぐらいに留めておく事が大切です。かりに流行りの素材が本当に腰痛・肩こりに良いのであれば、「流行り」で終わらずに、ずっと続いているはずです。
 
腰痛や肩こり、身体への痛み対策にベッドマットレスをお探しの場合は、高・低反発等の素材よりも「睡眠姿勢」の安定が、とにかく大切だと言う事です。
 
仮に「睡眠姿勢」さえ負担少なく安定するのであれば、(身体に合うベッドマットレスと同じですが)高・低反発はほとんど気にしなくても問題ありません。

腰痛へのベッドマットレス


腰痛へのベッドマットレス
腰痛|ベッドマットレス
腰痛へのベッドマットレスとして抑えなくてはいけない点は、「睡眠姿勢」の安定にかかってきます。先の通り素材やブランドはほとんど関係ありません。
 
逆に言えば 「睡眠姿勢」さえ負担少なく安定するのであれば、腰痛へのベッドマットレスとしては文句が無くなります。ベッドマットレスを購入して失敗したという方で多くの場合、選択基準が素材・ブランド・価格になっている場合が大半です。腰痛対策で気にしなくてはいけないのは、素材・ブランドでは無く、「睡眠姿勢」です。
 
何度も言いますが、痛みや悩み等無い場合は、お好みのベッドマットレスで全く問題はありません。が、腰痛対策の場合は、ご自身の寝ている時の負担がどこに集中しているのかを測定し、かつそれらの対処に睡眠姿勢を安定させ、結果的に身体への負担を軽減させなくてはいけません。そしてその為には全身測定が必要になります。
 
ベッドマットレスは一晩中身体を預ける事になり、ある意味身に着けて使う物ですが、現状購入の段階で(衣服で言う)サイズ表記に代わるものがありません。いえばサイズ確認せずに服を購入するようなもので、それが当たり前になっています。
(*)近年、寝具店・家具店さん等でベッドマットレスの選び方として、体重の重い方は硬めを、軽い方は柔らかめを、をありますが腰痛対策の場合、硬さ柔らかさはほとんど関係ありません。一昔前まで腰痛には硬いマットレスが良い!と言われていた時期もありましたが、近年の寝具研究の結果、硬くても身体への負担が強くなる事が分かってきました。
 
特に腰痛対策のベッドマットレスでは、圧力負担の軽減を考える必要があるので、先の例で言うサイズ違いの物では負担が強く出ていしまいます。
結局は睡眠姿勢を安定させるために、その方の身体に合うようにカスタマイズ調整するのが腰痛対策では望ましくなるのです。
 
ですので、まとめますと
腰痛対策のベッドマットレスは
 
①素材・ブランド・価格はあまり関係無い
②睡眠姿勢がどれだけ安定するのかが大切
③睡眠姿勢の安定のために、その方の姿勢・身体形状を測定する必要がある。
④測定結果を基に、睡眠時の負担軽減が可能なベッドマットレスを作成する必要がある。
 
と言う事になります。
 
ベッドマットレスは、毎日使う割には人生で数回しか買い替えません。
特に腰痛対策ともなると、睡眠姿勢を整え、身体への負担を軽減させる必要があるので
できるだけ信頼できる専門家・専門店でご相談下さい。

マットレスで腰痛対策



腰痛対策 専用マットレス

腰痛対策専用のマットレスについて
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターが
ご説明します。腰痛で
マットレスを探している方は
こちらをご覧下さい。

腰痛対策マットレス>>

オーダーメイドマットレス
大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室

オーダーメイドマットレスについて

・よく一緒に見られているページ


オーダーメイド枕 分割無料
【1日たったの100円で、オーダー枕を購入!】>>
腰痛 専用マットレス 分割無料
【月々、5,000円で、腰痛対策のマットレスをオーダーメイド】>>
 
オーダーメイド枕とマットレスの専門店|睡眠改善研究室ロゴ

 
〒551-0031
大阪府 大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-13-3

店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-6927-7408

【無料駐車場】
〒551-0031 大阪府
大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-18-19

 
11時~19時(最終受付 18時30分)
毎週 水曜日 定休日
アクセス詳細>>

ご入力等が面倒な場合は 
 
店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-6927-7408
 
大阪・神戸・京都等、大阪近隣で
オーダーメイド枕マットレスを
ご検討中の方や、ご相談の方は
何でもお気軽にお尋ね下さい。
 
ご入力送信後
当店からの返信が無い場合
システムエラーが考えられるので
お手数をお掛け致しますが
ご一報頂けると幸いです。

※入力情報はSSL暗号化通信により
 暗号化され守られております。

HOME | マットレス【腰痛対策まとめ】姿勢Dr監修 | ベッドマットレスを大阪で探すなら、睡眠改善研究室へ

オーダーメイド枕やマットレスの専門店 大阪 睡眠改善研究室【予約特典】
オーダーメイド枕が月々3000円


腰痛 専用マットレスのオーダーメイドが、月々5,000円


腰痛対策マットレスの選び方へ移動


肩こり横向き寝対策のオーダーメイド枕


オーダーメイド枕やマットレスを大阪 睡眠改善研究室では【姿勢ドクター】が作ります


大阪 睡眠改善研究室のオーダーメイド枕


オーダー枕 大阪 睡眠改善研究室 3つの注意点


大阪 睡眠改善研究室のオーダーメイド枕の専門性


オーダーメイド枕の選び方 大阪 睡眠改善研究室


失敗しないオーダーメイド枕の選び方


オーダーメイドマットレスの有用性について 大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室


腰痛対策 専用マットレス