オーダーメイド枕やマットレスで、腰痛・肩こり・不眠症対策|睡眠改善研究室
オーダーメイド枕とマットレスのオーダーメイド専門店|睡眠改善研究室

マットレスの失敗しない選び方

大阪 睡眠改善研究室
【ブログ】

blog-maltutoresu-siltupaisinai-erabikata
マットレスの失敗しない選び方を
姿勢ドクターが解説します。
大阪 睡眠改善研究室の
2017.12.15のBloggerでのブログを
一部加筆変更したものとなります。

この他肩こり対策のオーダーメイド枕や
マットレス関連ブログにつきましては
以下のリンクをご覧下さい。
睡眠改善研究室 ブログ
 
またより詳しく、マットレスの関連ページとしては
こちらをご覧下さい。
腰痛対策マットレスの選び方
 

マットレスの失敗しない選び方


マットレスの失敗しない選び方
マットレスでの失敗しない選び方|トップ

マットレスの失敗しない選び方を、大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターがご紹介します。
このページは基本的に、肩こりや腰痛などの改善サポートの為にマットレスをお探しの方へ向けた情報になりますので、肩こりや腰痛など痛みの無い方の場合には、あまり関係の無い話になります。

というのも、マットレスで肩こりや腰痛などの改善サポートを考える場合に大切なことと、ただ単にマットレスがほしい、という場合では前提条件が違いすぎるからです。

逆にいえば、この前提条件さえ抑えれば、肩こり・腰痛対策のマットレスとして負担軽減・改善サポートに繋がりますが、この条件を外すとどんなに高価なマットレスでも、肩こりや腰痛の改善には全く繋がらなくなります。

さて、ではその前提条件とは一体何なのか?
順をおって解説していきます。
 

①マットレスの目的は「睡眠姿勢の安定」にある
②身体に合うマットレス・合わないマットレスの違い
③マットレスに求める圧力負担の軽減
④マットレス選びは、これで失敗しない

マットレスの目的は「睡眠姿勢の安定」にある


マットレスの目的は睡眠姿勢の安定にある
マットレスは睡眠姿勢の安定が大切

そもそもマットレスが何故、必要なのか?
と言いますと、身体への負担を軽減させるためにマットレスの(根本的な)必要性があります。
 
では身体への負担を軽減させるために、マットレスで一番効果的な要素と言うと「睡眠姿勢の安定」にあります。
 
マットレス選びの基準は何?? と質問すると、ほとんどの方は
・高反発や低反発などの素材にこだわったり
・硬さや柔らかさなどの感触にこだわりします。
 
もちろん肩こりや腰痛など痛みの無い方の場合には、全く間違った選び方ではありません。しかし肩こりや腰痛の改善緩和を考えると、この選び方では、(マットレスを選ぶ際の目的が異なり)効果的とは言えなくなります。
 
というのも肩こりや腰痛などの方の場合には、先の身体への負担を軽減させるという観点に立ちマットレスを選ばないと、痛みの改善緩和に役立ちません。
 
ですので冒頭でお断りした、この記事は肩こりや腰痛の方へのマットレス選び。という事になるのですが
とにかく痛みの改善緩和の為には「睡眠姿勢の安定」こそが、ほぼ全てであり、逆に「睡眠姿勢の安定」さえマットレスでできるのであれば、そのマットレスはその方にとって「楽で身体に良い・身体に合うマットレス」となります。

身体に合うマットレス、合わないマットレスの違い


マットレスの試し寝|大阪 睡眠改善研究室
マットレスの試し寝はダメ

身体に合うマットレス・合わないマットレスの違いは先の
「睡眠姿勢」が安定するかどうかによってほとんど決まります。
 
一昔前は腰痛には硬いマットレスが良いと言われていましたが、近年の寝具研究によって硬くてもあまり良くないという事が判明して来ました。
 
では柔らかいのが良いのか、というとまた極論で、柔らかくても硬くてもメリット・デメリットがあり、どちらも良い面だけみれば良くなるし悪い面だけ見れば悪くなるので、どちらが良いというわけではありません。
 
この理由も実は睡眠姿勢にかかっていて、(一言で言うと)硬いマットレスの場合は、身体の出っ張りの強い箇所で支えが利き過ぎてしまい結果として、ブリッジしている様な睡眠姿勢になります。
 
逆に柔らかいマットレスの場合は、身体の重い箇所中心に沈み込みが強くなりすぎてしまい、結果として、くの字で寝ている様な睡眠姿勢になります。
(*)主に仰臥位でのイメージになりますので、本来は寝相差も考慮する必要があります。
 
ですので身体に合うマットレス・合わないマットレスを具体的に言い換えると
睡眠姿勢が安定するマットレスかどうか、という事になります。

マットレスに求める圧力負担の軽減


マットレスでの圧力負担を分散
マットレスでの圧力分散

次にマットレスの求められる事として「圧力負担の軽減」が挙げられます。「圧力負担の軽減」とは、主に体重圧に対する負担の軽減です。
個人差はありますが、仰臥位で寝た場合、(頭部8% 胸部33% 臀部44% 脚部15%程度)体重の偏りが起きます。

これは内臓器官・骨の影響等で自然に起きるのですが
言い換えると、ただ単に寝ただけでは圧力負担が生まれてしまうと言うことなんです。
 
圧力負担と言うとピンっときませんが、実はこの圧力負担は血行不良に繋がり易く、決して軽視できません。よくご年配の方が、寝返りが打ち辛く「褥瘡(じょくそう)」(床ずれ)がおきたと言うことを聞いた事があると思います。

この原因も、長時間にわたり同じ箇所に圧力がかかり血行が不全になり起きるのが原因です。通常の場合、寝返り等で自然に圧力を逃がすことをするので、床ずれまでは起きませんが、ただ圧力負担を軽視していると寝返りの回数が増えたりと、良い事は全くありません。

特に腰痛対策のマットレスで考えた場合、姿勢負担・痛みの軽減を考えないといけないので、その為にも「圧力負担」が軽減できるようなマットレスを選ぶ必要があるのです。

マットレス選びはこれで失敗しない


マットレスの失敗しない選び方|まとめ
マットレスの失敗しない選び方

上記に色々書かせていただきましたが
腰痛の方へのマットレスとしてこれを抑えておけば失敗しないと言うポイントは
1・マットレスによる睡眠姿勢の安定
2・マットレスによる圧力負担の軽減
の2点がポイントになります。
 
この2つのポイントさえ抑えておけば、腰痛対策のマットレスとして理想的と言えます。
 
逆に、腰痛対策のマットレスをお探しの方が
素材や感触、またブランド等でマットレス選びをすると、お好みのマットレスにはなるかもしれませんが、腰痛対策マットレスとしては少しベクトルが異なってきますので注意が必要です。

マットレスで腰痛対策



腰痛対策 専用マットレス

腰痛対策専用のマットレスについて
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターが
ご説明します。腰痛で
マットレスを探している方は
こちらをご覧下さい。

腰痛対策マットレス>>

オーダーメイドマットレス
大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室

オーダーメイドマットレスについて

・よく一緒に見られているページ


オーダーメイド枕 分割無料
【1日たったの100円で、オーダー枕を購入!】>>
腰痛 専用マットレス 分割無料
【月々、5,000円で、腰痛対策のマットレスをオーダーメイド】>>
 
オーダーメイド枕とマットレスの専門店|睡眠改善研究室ロゴ

 
〒551-0031
大阪府 大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-13-3

店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-6927-7408

【無料駐車場】
〒551-0031 大阪府
大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-18-19

 
11時~19時(最終受付 18時30分)
毎週 水曜日 定休日
アクセス詳細>>

ご入力等が面倒な場合は 
 
店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-6927-7408
 
大阪・神戸・京都等、大阪近隣で
オーダーメイド枕マットレスを
ご検討中の方や、ご相談の方は
何でもお気軽にお尋ね下さい。
 
ご入力送信後
当店からの返信が無い場合
システムエラーが考えられるので
お手数をお掛け致しますが
ご一報頂けると幸いです。

※入力情報はSSL暗号化通信により
 暗号化され守られております。

オーダーメイド枕やマットレスの専門店 大阪 睡眠改善研究室【予約特典】
オーダーメイド枕が月々3000円


腰痛 専用マットレスのオーダーメイドが、月々5,000円


腰痛対策マットレスの選び方へ移動


肩こり横向き寝対策のオーダーメイド枕


オーダーメイド枕やマットレスを大阪 睡眠改善研究室では【姿勢ドクター】が作ります


大阪 睡眠改善研究室のオーダーメイド枕


オーダー枕 大阪 睡眠改善研究室 3つの注意点


大阪 睡眠改善研究室のオーダーメイド枕の専門性


オーダーメイド枕の選び方 大阪 睡眠改善研究室


失敗しないオーダーメイド枕の選び方


オーダーメイドマットレスの有用性について 大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室


腰痛対策 専用マットレス