オーダーメイド枕やマットレスで、腰痛・肩こり・不眠症対策|睡眠改善研究室
オーダーメイド枕とマットレスのオーダーメイド専門店|睡眠改善研究室

マットレスの選び方|腰痛対策編

腰痛対策マットレスの選び方
マットレスの選び方を、腰痛対策の観点に立ち
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターが解説します。

この他肩こり対策のオーダーメイド枕や
腰痛対策のマットレス関連ブログにつきましては
以下のリンクをご覧下さい。
睡眠改善研究室 ブログ
 
またより詳しく、マットレスの関連ページとしては
こちらをご覧下さい。
腰痛対策マットレスの選び方
 

マットレスの選び方|腰痛対策編


腰痛対策へのマットレス|選び方
マットレス|腰痛への選び方

マットレスの選び方を腰痛対策の視点から
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターがご紹介します。

近年、よくあるマットレス選びでの失敗談が
・高反発マットレスを買ったのに腰が痛い
・硬いマットレスが良いと聞いたけど失敗した
・有名ブランドのマットレスを購入したのに、あまり・・・
という失敗談が多く、当店に相談に来られる方が多くなっております

上記のような選び方は、一見すると何も問題が無いように思いますが
実際に、腰痛の方がマットレスを選ぶ探し方としては
あまり得策とは言えず、むしろ悪いマットレスの選び方とも言えます。

では、腰痛でその対策にマットレスをお探しの場合
どうすればいいのか?
睡眠改善研究室の姿勢ドクターが、以下の項目に分け腰痛対策のマットレスの選び方をご紹介していきます。
 

①高反発マットレスで腰が痛くなる理由
②硬いマットレスは腰に良い!の間違い
③腰痛対策マットレスは、有名ブランドが良いわけでは無い
④マットレスの選び方|腰痛対策編

高反発マットレスで腰が痛くなる理由


高反発マットレスは腰が痛くなる
高反発マットレスでは腰がいたい

高反発マットレスで腰が痛くなる理由とは?
 
結論から申し上げますと、【睡眠姿勢】が崩れ腰に負担が集中しやすくなるからです。
 
高反発マットレスは腰に良いのでは無いの?
と、聞こえて来そうですが
高反発=腰痛に良いというエビデンスはありません。
 
あくまで高反発は反発係数が高いと言うだけで
高反発=腰に良いと言うのは、一種のセールストークに過ぎません。
 
そもそ高反発とは?何なのか??
と言いますと、「反発係数(跳ね返す力)が高い」という事だけなんです。
 
近年、主に寝具などの素材特徴の表現で使われることが多くなりましたが、高反発とはただ単に「反発係数(跳ね返す力)が高い」という事に過ぎません。
身体への良し悪し等は一切関係無く、跳ね返す力が一般的な素材に比べ高いということだけなんです。
 
ですので高反発マットレスが腰に良いと言うのは少し違い、腰痛の方が使うとかえって症状を悪化させる場合も多々あります。
 
というのも、腰痛の方がマットレスを選ぶ場合には、とにかく身体への負担が軽減出来るマットレスを選ぶ必要がありますが
高反発マットレスは先も言った様に、ただ単に「反発係数(跳ね返す力)が高い」に過ぎませんので、実際に使ってみると
沈み込みが強く、身体の出っ張りの強い箇所で支えが効き過ぎてしまい、結果的に腰が浮きやすくなります。
 
すると睡眠姿勢はブリッジした様な負担のかかる状態になり、身体への負担は強くなります。
 
高反発マットレスで腰が痛くなる、というのは結論から言うと
睡眠姿勢が崩れやすいからなのです。
 
【参考】
高反発マットレスが、腰痛に駄目な理由
http://www.suiminkaizen.com/mattress/youtuuni-damena-maltutoresu.html

硬いマットレスは腰に良い!の間違い


硬いマットレスは腰に良い!は間違い
堅いマットレスの良否

一昔前まで、腰痛には硬い敷布団・マットレスが良い、と言われていましたが、近年の寝具研究の結果、硬くても負担がかかりやすいという事が判明しました
 
実は硬いマットレスと、先の高反発マットレスには似通ったところがあり、両者とも沈み込みが少ないと言う点で一致します。
 
ですので、硬いマットレスでは腰への負担が強いというのも、高反発と同じ理由で、結局は睡眠姿勢が崩れるからに過ぎません。
 
腰への影響を考えると、身体への負担軽減効果が高いものを考える必要があり、睡眠姿勢を負担の少ない状態で安定させるしか方法はありません。
 
よく硬いマットレスのセールストーク等で、身体をしっかり支えるから身体が沈み込まず、腰に良い!!といった事が、言われている場合がありますが
 
(高反発と理屈は同じですが)
身体をしっかり支える=身体の起伏の強い箇所のみで支えが効き過ぎる
、という事になり、確かに身体は沈み込みませんが
背骨やお尻など出っ張りの強い箇所で支えが効き過ぎるため
ブリッジした状態になりやすく
 
結果的に、睡眠姿勢は崩れ腰は浮きやすくなり、腰への負担が強くなります。
 
また硬いマットレスでは、支えが効き過ぎるために
支えの効く箇所に部位負担が集中しやすく、血行不良等もおきやすくなります。すると寝返りが過度に増えるので、睡眠の質への影響等でもデメリット面が出て来ます。
よく寝返りがしやすいから良いんです、という様なセールストークがありますが、寝返りは多くても少なくてもいけません。
 
あくまで寝返りには適度な回数が必要なのですが、沈み込みが少ない硬いマットレス(高反発マットレスも含め)では、支えが集中するきらいがあり
寝返りは打ちやすいが、かえって寝返りの回数は増えやすい、というデメリット面があり注意が必要です。
 
【参考】
腰痛対策マットレス
http://www.suiminkaizen.com/mattress/youtuu-taisaku-maltutoresu.html

腰痛対策マットレスは、有名ブランドが良いわけでは無い!


マットレス選びで有名ブランドなどのネームバリューを中心に選ばれる方がいますが、腰痛対策マットレスをお考えの場合では
ブランド中心の選び方はおすすめできません。
 
先の高反発・硬いマットレスも含めそうですが
そもそも腰痛対策マットレスに最適なマットレスとは??
という話になると、結局は身体への負担軽減効果が高いマットレスとなります。
 
そして身体への負担軽減効果が高いマットレスとなると、結局は【睡眠姿勢】への配慮が必要になります。有名ブランドマットレスだから腰に良いという事は無く、あくまで身体への負担が軽減されるマットレスこそが腰に良いという事です。
 
これは 意外と気付きにくい事なのですが
腰痛だからとマットレスを探す場合に、ネット・CM・通販等の広告をご覧になられて
品質・素材・ブランド・価格などカタログスペックを中心に探す
と言った行動を取られる方が大半です。
 
しかし、ここで最も注意して欲しいのは、実は上記のカタログスペックよりも、お身体の起伏・姿勢形状です。例えるなら靴などがそうですが、足に合う靴を探す時に、サイズ確認をせずに
ブランド・メーカー・機能性で選ぶようなものです。
あくまでサイズが合うことが前提で探すのなら問題ありませんが
サイズ確認をせずに、カタログスペックだけで探すと言うのはやはり問題があります。
 
マットレスなどの寝具も理屈は同じで、身に付ける時間の長い物になりますので、身体に合っていないと結局痛みは強くなります。
 
特に腰痛対策でマットレスをお探しの場合は、この身体に合うか合わないかこそが最も重要となり、身体に合うを言い換えると
身体への負担が軽減されるになり、具体的に言うと
睡眠姿勢への影響はどうなるかに尽きるのです。
 
ですので、腰痛対策マットレスを探す場合は
ブランドなどよりも、いかに睡眠姿勢が安定するか(身体に合うか)
で選ぶべきなのです。

マットレスの選び方 腰痛対策|まとめ


マットレスで腰痛対策|まとめ
マットレス腰痛対策|まとめ

マットレスの選び方を腰痛対策の観点から説明すると
いかに腰や身体に負担をかけない様にするか、また負担が軽減できるかに尽きます。
 
先の靴の例で言うとサイズ確認が大切という事なのですが、寝具にはサイズ表記が無く、選び方目安が合っても体重別によるおすすめ商品ぐらいになります。しかもこれらは体重が重ければ固めを推奨されるようになっており、痛みの無い方の場合ならまだしも、腰痛の方の場合、ほぼ確実に失敗してしまいます。
 
ではどうすればいいのか?
となりますが、2018年現在では身体を測定してみる事が一番手っ取り早く、確実になります
 
姿勢・身体形状には個人差が強く、背骨の出っ張りの強い方もいらっしゃれば、お尻の出っ張りの強い方もいます。
個人差が大きいので
 
腰痛にはこのマットレス!!というよりも、この姿勢・身体形状にはこのマットレス!!と言う方が
 
結果的に身体への負担軽減に繋がりやすいのが現状です。
 
腰痛の方には、このマットレスで問題ない!!
という商品が開発されれば、かなり話題になるはずですし、世界規模で販売されているはずです。現状そうなっていないのは、そのような夢の素材が無い事と、個人差の影響が強く出る部分の為
 
結局は、身体や姿勢を測定し、その方に合わせて作製していく方が
費用的にも品質的にも良くなるからです
 
ですので、腰痛対策のマットレスの選び方としては
一にも二にも、現状どの様になっているかを調べ、それらの対策が可能なマットレスを探す方がベストになります。

上記に色々書きましたが
腰痛対策でマットレス選びに迷っている方は、お気軽にご相談下さい。
姿勢ドクターがお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。

マットレスで腰痛対策



腰痛対策 専用マットレス

腰痛対策専用のマットレスについて
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターが
ご説明します。腰痛で
マットレスを探している方は
こちらをご覧下さい。

腰痛対策マットレス>>

オーダーメイドマットレス
大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室

オーダーメイドマットレスについて

・よく一緒に見られているページ


オーダーメイド枕 分割無料
【1日たったの100円で、オーダー枕を購入!】>>
腰痛 専用マットレス 分割無料
【月々、5,000円で、腰痛対策のマットレスをオーダーメイド】>>
 
オーダーメイド枕とマットレスの専門店|睡眠改善研究室ロゴ

 
〒551-0031
大阪府 大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-13-3

店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-6927-7408

【無料駐車場】
〒551-0031 大阪府
大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-18-19

 
11時~19時(最終受付 18時30分)
毎週 水曜日 定休日
アクセス詳細>>

ご入力等が面倒な場合は 
 
店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-6927-7408
 
大阪・神戸・京都等、大阪近隣で
オーダーメイド枕マットレスを
ご検討中の方や、ご相談の方は
何でもお気軽にお尋ね下さい。
 
ご入力送信後
当店からの返信が無い場合
システムエラーが考えられるので
お手数をお掛け致しますが
ご一報頂けると幸いです。

※入力情報はSSL暗号化通信により
 暗号化され守られております。

HOME | マットレス【腰痛対策まとめ】姿勢Dr監修 | マットレスの選び方|腰痛対策編

オーダーメイド枕やマットレスの専門店 大阪 睡眠改善研究室【予約特典】
オーダーメイド枕が月々3000円


腰痛 専用マットレスのオーダーメイドが、月々5,000円


腰痛対策マットレスの選び方へ移動


肩こり横向き寝対策のオーダーメイド枕


オーダーメイド枕やマットレスを大阪 睡眠改善研究室では【姿勢ドクター】が作ります


大阪 睡眠改善研究室のオーダーメイド枕


オーダー枕 大阪 睡眠改善研究室 3つの注意点


大阪 睡眠改善研究室のオーダーメイド枕の専門性


オーダーメイド枕の選び方 大阪 睡眠改善研究室


失敗しないオーダーメイド枕の選び方


オーダーメイドマットレスの有用性について 大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室


腰痛対策 専用マットレス