オーダーメイド枕やマットレスで、腰痛・肩こり・不眠症対策|睡眠改善研究室
オーダーメイド枕とマットレスのオーダーメイド専門店|睡眠改善研究室

マットレス|腰痛を改善する方法

マットレスでの腰痛改善サポート
マットレスで腰痛を改善する方法
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターが解説します。

この他肩こり対策のオーダーメイド枕や
腰痛対策のマットレス関連ブログにつきましては
以下のリンクをご覧下さい。
睡眠改善研究室 ブログ
 
またより詳しく、マットレスの関連ページとしては
こちらをご覧下さい。
腰痛対策マットレスの選び方
 

マットレス|腰痛を改善する為に


マットレスで腰痛を改善するには?
マットレスで腰痛を改善のために

マットレスで腰痛改善。
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターがご紹介していきます。


まず最初に、マットレスで腰痛改善を考えた場合
重要になるのが「睡眠姿勢の安定」です。


睡眠姿勢さえ負担少ない状態で安定するのであれば
素材・ブランド・価格等のカタログスペックは、腰痛改善マットレスの場合、ほとんど考えなくて問題ありません。


よく言われる、低・高反発(硬い・柔らかい)など含め、素材の良否が腰痛改善に繋がるわけではありません。


確かに一昔前までは「硬いマットレスが腰痛に良いと」言われていた時代もありましたが、近年のマットレス(寝具)研究の結果
硬くても、柔らかくても、ともにメリット・デメリットがある事が判明しました。


マットレスで腰痛改善を考えた場合、先の「睡眠姿勢の安定」がとにかく重要になるのですが、ここではその理由とともに


マットレスでの腰痛改善のお話をさせていただきます。

①腰痛に良いマットレス、悪いマットレスの違い
②腰痛対策マットレスは、ここを押さえろ!
③睡眠姿勢の話
④マットレス|腰痛を改善する方法

腰痛に良いマットレス、悪いマットレス


腰痛に良いマットレス
腰痛に悪いマットレス

腰痛に良いマットレスと悪いマットレスの違いとは?
 
身体に合うマットレスと身体に合わないマットレスの違いにも通ずる話ですが、結局はいかに腰や身体に負担をかけるか・かけないかによって決まります。
 
そしてマットレスによる、身体への負担軽減を考えると
睡眠姿勢をへの影響を考慮する必要があり
極論、睡眠姿勢さえ負担少なく安定するのであれば
身体に合う・腰痛に良いマットレスとなります。
 
逆に睡眠姿勢への配慮が欠け、(その方にとって)睡眠姿勢が崩れる場合
どんなに高価なマットレスでも、どんなに高名なブランドマットレスでも
(その方にとっては)身体に合わない・腰痛に悪いマットレスとなります。
 
結局は、腰痛対策マットレスを考えた場合
いかに「睡眠姿勢」を安定させるかにかかってき
価格・ブランド・素材(高、低反発)等は、二の次という事になります。
 
大切なので繰り返しますが

【腰痛に良いマットレス】=(その方の)睡眠姿勢が安定し整うマットレス
【腰痛に悪いマットレス】=睡眠姿勢が崩れ、姿勢への負担が強いマットレス

 
と言い換える事が出来ます。

腰痛改善マットレスはココを押さえろ!


腰痛改善マットレスのポイント
腰痛マットレスのポイント

ですので、腰痛改善マットレスとしてまず押さえるべきポイントは
【睡眠姿勢への配慮】になります。
 
では、睡眠姿勢を負担少なく整える為は、具体的にどのようにすれば良いのか?となりますが
これは単純にその方の、姿勢・身体形状を測定していくしか現状(2018年)方法はありません。
 
この(商品名)○○マットレスが腰に良い!というわけでも
この(素材名)○○マットレスが腰に良い!というわけでもありません。
 
睡眠姿勢への良否は、個人差が大きくなりますので
結局の処、全身を測定していくしか無いのです。
 
まとめると
腰痛改善マットレスとして押さえるべきポイントは
【睡眠姿勢への配慮】になり
睡眠姿勢への配慮を、具体的にどの様にしていくのか、と言うと
姿勢・身体知識(資格)を持つ専門家の【全身の測定】という事になります。
 
ただ、この全身測定なのですが、近年、測定してくれる店舗が増えた為か、玉石混交の感があります。
 
例えば、手動測定や機械測定でも正確性は異なりますし
立位・臥位測定でも、測定結果は全く異なってきます。
 
また、ただ単に測定すればいいというワケでも無く
姿勢・身体知識の乏しい方が測定すると
(売り場での試し寝が最たる例ですが)お客様に「寝た感触はどうですか?寝心地はどうですか?」と聞いてしまいます。
 
一見すると当たり前のこの作業ですが、実はかなり注意が必要で
お客様自身で良いか悪いかの判断は中々出来ません。
 
というのも、今お使いの寝具環境に左右されやすく、また売り場での短時間の寝心地と、実際にお家で使った時の長時間の寝心地では異なることが多くなります。
 
現に多くの方が、2~3種類のマットレスの「試し寝」をすると
途中から硬さや感触の差ぐらいしか分からなくなり
結局どれがいいの?となる事が、とても多く見られます。
 
そもそもマットレスの「試し寝」で確認できるのは、硬さ・感触等の「寝心地」になり、腰痛対策に必要なのは「睡眠姿勢への配慮」です。
 
似ているようで全く異なります。
 
販売員様の技量等の問題になりますが、「寝心地はどうですか?」と聞かれた場合、そこのお店では少し問題があります。
大前提にそれらの判断のために測定があるはずなのです。
 
そもそも、お客様ご自身で判断がつくのであれば、専門店と言われるお店は必要ありません。
腰痛改善へのマットレスは、お客様での判断が難しいため
測定機器の必要性や、販売員の技術力が不可欠になるのです。
(*)当然ですが、腰痛や痛み等の無い方は、ご自身でお好みのマットレスを選んでいただいても全く問題はありません。現状痛みが無いのですからお好みのマットレスで問題ないのです。
 
ただ腰痛や痛みのある方の場合は注意が必要というだけです。
 
 
宣伝?の様な、手前味噌な話になりますが
睡眠改善研究室で、姿勢ドクター専任による測定メソッドを導入しているのも、結局は睡眠姿勢を姿勢の専門家に判断させ結果的に、睡眠姿勢を安定させる為にあり
いかに腰や身体への負担を軽減できるかを追求しているかに過ぎません。

睡眠姿勢の話


睡眠姿勢の話
睡眠姿勢について
腰痛改善マットレスとして「睡眠姿勢」への配慮がとにかく大切と言ったのは先の通りですが、睡眠姿勢の話でもう一点補足させていただきますと
 
理想的な寝姿勢  という言葉についてです。
 
近年、マットレス販売店や家具屋さんやマットレスHPにおいて
この「理想的な寝姿勢」と言う言葉をよく見かけます。
 
そして
理想的な寝姿勢は、まっすぐに立った状態をそのまま寝かせた状態
 
という言葉を続けて見る事が多いのですが、 この「理想的な寝姿勢」
ちょっと注意が必要です。
 
確かに言わんとせん事は分かるのですが、例えば
まっすぐに立った状態とありますが、まっすぐとはどんな状態なのか?
 
自然に立った状態である
自然立位の事と理解できるのですが、自然立位がそもそも崩れて負担の大きい方の場合(背骨やお尻など一箇所に出っ張り負担の強い場合)
そのまま寝かせても、姿勢・身体への負担は強くなります。
 
また立位姿勢と臥位(寝ている状態)では、脊柱から下肢にかけて重力等の影響を受けバランスが異なります。
 
当然ですが、どんな方でも立位よりも臥位の方が安定性は増します。
 
ただこれを理想的な寝姿勢を保てるというのは、どうかという話になりますし、明らかに反発係数の異なるマットレス(硬いマットレス~柔らかいマットレス)なのに、共に同じ様な説明で
理想的な寝姿勢が保てます、とあるのには少し疑問を感じます。
 
結論ですが、 立った状態をそのまま寝かせても「理想的な状態」とは言いにくいのが現状です。
 
そもそも個人個人、圧力・負担の偏る箇所が異なるのに、全ての方にこのマットレスで「理想的な」となるのは、少し違う気がするのですがどうでしょうか?

マットレス|腰痛を改善する方法


マットレスで腰痛改善
マットレスで腰痛改善|まとめ

マットレスで腰痛を改善する方法、としてまとめますと
 
いかに睡眠姿勢を負担少なく安定させる事ができるかどうかにかかります。
 
この睡眠姿勢さえ負担少なく安定するのであれば、低・高反発やブランド・価格といったカタログスペック的な事は、ほとんど無視しても問題無くなったりします。
 
逆に、腰痛の改善対策を考えているのに、低・高反発やブランド・価格といったカタログスペック的な情報を注視し、睡眠姿勢への配慮が欠けてしまうと、どんなに高価・高名なマットレスでも
腰痛改善策のマットレスとしては、あまり良いとは言えなくなります。
 
それ位に「睡眠姿勢への配慮」が必要になるのですが
実際に睡眠姿勢を負担少なく安定させようと考えた場合
現状(2018年)では、姿勢・身体知識等の(資格者)専門家による全身の測定が一番理想的になります。
 
ただ単に測定すれば良いと言うわけでは無く、現状の姿勢・身体形状がこうなっていて、負担がかかっているのだから
その負担を軽減させるためにこうする、と言った様な
きちんと理論体系がしっかりとしたマットレスが
腰痛を改善する対策マットレスとして最適になります。
 
決して、価格や素材の良否ではありません。
 
どうしても腰痛を始め、マットレスで良いものを購入しようとする方ほど、検索すれば素材や価格等のカタログスペックばかり追ってしまい
身体への影響が置き去りにされる事が多い傾向にありますが
 
腰痛改善をマットレスで考えた場合
まず身体がどうなっているかを測定し調べ、その後にお好みの素材や価格に合わせて選ぶ
という流れが必要になります。

マットレスで腰痛対策



腰痛対策 専用マットレス

腰痛対策専用のマットレスについて
大阪 睡眠改善研究室の姿勢ドクターが
ご説明します。腰痛で
マットレスを探している方は
こちらをご覧下さい。

腰痛対策マットレス>>

オーダーメイドマットレス
大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室

オーダーメイドマットレスについて

・よく一緒に見られているページ


オーダーメイド枕 分割無料
【1日たったの100円で、オーダー枕を購入!】>>
腰痛 専用マットレス 分割無料
【月々、5,000円で、腰痛対策のマットレスをオーダーメイド】>>
 
オーダーメイド枕とマットレスの専門店|睡眠改善研究室ロゴ

 
〒551-0031
大阪府 大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-13-3

店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-6927-7408

【無料駐車場】
〒551-0031 大阪府
大阪市 大正区 泉尾(いずお)3-18-19

 
11時~19時(最終受付 18時30分)
毎週 水曜日 定休日
アクセス詳細>>

ご入力等が面倒な場合は 
 
店舗代表 06-6551-1812
担当者直 070-6927-7408
 
大阪・神戸・京都等、大阪近隣で
オーダーメイド枕マットレスを
ご検討中の方や、ご相談の方は
何でもお気軽にお尋ね下さい。
 
ご入力送信後
当店からの返信が無い場合
システムエラーが考えられるので
お手数をお掛け致しますが
ご一報頂けると幸いです。

※入力情報はSSL暗号化通信により
 暗号化され守られております。

HOME | マットレス【腰痛対策まとめ】姿勢Dr監修 | マットレス|腰痛を改善する方法

オーダーメイド枕やマットレスの専門店 大阪 睡眠改善研究室【予約特典】
オーダーメイド枕が月々3000円


腰痛 専用マットレスのオーダーメイドが、月々5,000円


腰痛対策マットレスの選び方へ移動


肩こり横向き寝対策のオーダーメイド枕


オーダーメイド枕やマットレスを大阪 睡眠改善研究室では【姿勢ドクター】が作ります


大阪 睡眠改善研究室のオーダーメイド枕


オーダー枕 大阪 睡眠改善研究室 3つの注意点


大阪 睡眠改善研究室のオーダーメイド枕の専門性


オーダーメイド枕の選び方 大阪 睡眠改善研究室


失敗しないオーダーメイド枕の選び方


オーダーメイドマットレスの有用性について 大阪 睡眠改善研究室


オーダーメイドマットレスの大阪 睡眠改善研究室


腰痛対策 専用マットレス